一過性の脚のむくみの原因とは

朝起きると顔がパンパンに張っていたり、夕方になると脚が太くなり、靴がきつくなってしまうといった悩みを抱えている方も少なく無いと思います。所謂むくみというものですね。むくみの中でも特に悩まされるのが足のむくみではないかと思います。
足のむくみは外回りなどをしている男性も悩まされるといった話もありますが、多くは女性が悩まされるものかと思います。病気によってむくんでしまっているという可能性もありますが、大体が一過性の原因です。
なぜ朝は平気なのに夕方むくんでしまうのかというと、血液が重力に逆らうことができなくなっているためです。血液というのは体の中を循環しているものですが、心臓のポンプのみでは全身に行き渡らせることは難しいことと思います。そこで足の筋肉がポンプの役割をし、下へと流れていった血液を上へ押し返して流すような働きをするのです。しかし長時間立っているとポンプが作用することがないので下の方に血液が溜まりすぎてしまいます。また、日頃あまり運動していないような方ですと、筋肉が衰えてポンプ機能そのものが思うように機能しないという状態になってしまいます。そして余分な水分が溜まってしまった結果、むくんでしまうのです。
そのような状況を回避するためにはやはり筋肉を鍛えることが一番かと思います。ふくらはぎの筋肉を鍛え、ポンプ機能を強化しようと言うことですね。激しいトレーニングなどをしなくても、つま先立ちや屈伸といった軽いものから始めるだけでも変化があるかと思います。